ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ファーブル昆虫記 完訳 第6巻上

  • ファーブル昆虫記 完訳 第6巻上

ファーブル昆虫記 完訳 第6巻上

  • ジャン=アンリ・ファーブル/著 奥本大三郎/訳 ファーブル,ジャン=アンリ(Fabre,Jean‐Henri Casimir)
    フランスの博物学者。1823年、南仏ルーエルグ山地のサン=レオンに生まれる。少年時代から生活苦と闘いながら勉学にいそしみ、師範学校に進学。教師になってからも独学で数学、物理学、博物学を学び学士号を取得。カルパントラの小学校に勤務したあと、コルシカ島で国立中等学校の物理の教師になり、さらにアヴィニョンでも国立中等学校の物理の教師を務める。そのころから昆虫の行動観察に目ざめ、研究論文を次々に発表。様々な賞を獲得し、ファーブルの名前はフランスを中心に広く知られるようになる。五十五歳のとき、広大な庭をもつセリニャンの家に移住。自らアルマス(荒地)と名づけた自宅兼研究所で昆虫の観察に打ち込む。その前後三十年間の記録が『昆虫記』(全十巻)である。1915年、アルマスで永眠。享年九十一

    奥本 大三郎(オクモト ダイサブロウ)
    フランス文学者。作家。1944年、大阪市に生まれる。東京大学仏文科卒業、同大学院修了。主に著書に『虫の宇宙誌』(読売文学賞)、『楽しき熱帯』(サントリー学芸賞)、『斑猫の宿』(JTB紀行文学大賞)、『ファーブル昆虫記』(全八巻・産経児童出版文化賞)などがある。「NPO日本アンリ・ファールブル会」を設立。東京の自宅に昆虫の標本やファーブルの資料を展示する「ファーブル昆虫館」を開館。現在、埼玉大学教授。日本昆虫協会会長

  • ページ数
    407p
  • ISBN
    978-4-08-131011-1
  • 発売日
    2008年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ファーブル自身が振り返る幼き日々の思い出
    何故虫が好きになったのか…何故観察が好きになったのか…幼き日々を振り返るファーブル。『昆虫記』誕生の秘密が本巻でいよいよ明らかになる。ファーブルはいったいどんな少年だったのか?
目次
アシナガタマオシコガネ―父親の本能
ツキガタダイコクコガネとヤギュウヒラタダイコクコガネ―父親が子育てを手伝う糞虫
私の家系―幼い観察者
私の学校―博物学への憧憬
大草原の糞虫―遠い外国の虫とフランスの虫
虫の色彩―体色は何に由来するのか
モンシデムシ―幼虫の食物として死体を埋葬する虫
モンシデムシの実験―埋葬の方法を観察する
カオジロキリギリス―繁殖で見られる奇妙な習性
カオジロキリギリスの産卵と孵化―地中から脱出する幼虫
カオジロキリギリスの鳴き声―音を出す翅の構造
アオヤブキリ―キリギリスの仲間の肉食と奇妙な受精法

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Souvenirs entomologiques
対象年齢 一般

商品のおすすめ

何故虫や観察が好きになったのか--幼き日々を振り返るファーブル。『昆虫記』誕生の秘密がいよいよ明らかになる。ファーブルはいったいどんな少年だったのか。

ページの先頭へ

閉じる

  • ファーブル昆虫記 完訳 第6巻上
  • ファーブル昆虫記 完訳 第6巻上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中