ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不倫の恋の品格

  • 不倫の恋の品格

不倫の恋の品格

  • 亀山早苗/著 亀山 早苗(カメヤマ サナエ)
    1960年東京生まれ。明治大学文学部卒。フリーライター。女性誌等で活躍中。女性の生き方を中心に、恋愛、結婚、性の問題に取り組み、かつ社会状況を的確に分析する筆力に定評がある

  • ISBN
    978-4-87290-337-9
  • 発売日
    2008年02月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 苦しくても誰にも言えなくても、続けたい恋があるなら…あなたならどうする?どう思う?飲み会に一緒に行く?同僚、友人に相談?秘密を守り通せるか「本当の恋」はあるのか?苦悩と葛藤のなだめ方。
目次
第1章 恋をオープンにしたがる男女(そもそも品格とは何か
不倫の恋でもオープンな関係? ほか)
第2章 品格のバロメーター(マリッジ・リング
経済的な問題 ほか)
第3章 品格を問われるとき(プラトニックな関係のほうが上品か
セックスは確固たる絆になりうるか ほか)
第4章 「秘めごと」だから長続きする?(彼が妻と離婚しないまま、同居五年
互いに家庭がありながら七年愛 ほか)
第5章 恋の終焉における品格(未練が憎悪に変わるとき
生きる希望を失って ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

不倫も恋愛の形のひとつ。罪悪ではないという考えも浸透する中、問われる不倫の恋の品格とは。様々な事例をまじえたルポルタージュ。

ページの先頭へ

閉じる

  • 不倫の恋の品格
  • 不倫の恋の品格

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中