ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヒラリー・R・クリントンの歩み 大統領の最強のパートナー

  • ヒラリー・R・クリントンの歩み 大統領の最強のパートナー

ヒラリー・R・クリントンの歩み 大統領の最強のパートナー

  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-09-387107-5
  • 発売日
    1994年01月

1,553 (税込:1,677

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ◆目次◆◆◆ 第一章 〃シスター・フリッジ〃 いつもリーダーだった少女ヒラリー 第二章 ウェズリー女子大時代 ベトナム戦争反対表明 第三章 子どもと法律  「子どもの権利を守る」運動開始 第四章 「希望(ホープ)」から来た男 ケネディと握手したクリントン 第五章 選択の時 「ニクソン弾劾」調査スタッフに 第六章 いざ、アーカンソーへ クリントンとの活躍 第七章 自分らしく 弁護士ヒラリーの活躍 第八章 〃ダイヤモンドとデニム〃 知事夫人とヒラリー・ローダム 第九章 失敗をバネに  ヒラリー、イメージチェンジを決意 第一○章 アーカンソーの教育改革 ヒラリー、教育基準委員会委員長になる 第一一章 イスラエルより愛を込めて 家庭教育プログラムに取り組む 第一二章 「ありゃ、ふいごだね!」 クリントン、デュカキス応援で大失態 第一三章 大統領選挙 予行演習のつもりが本番に 第一四章 家族の輪  マスコミの集中砲火を浴びる娘とペット 第一五章 プライバシーの領域 「スター」紙、クリントンの愛人問題を暴露 第一六章 別の女 ヒラリーの力で難局を乗り切る 第一七章 『最終選挙対策??中間報告』 ゆがめられたイメージと闘う 第一八章 ウェズリーに戻って 母校で講演、大喝采を受ける 第一九章 「あまりヒラリーっぽくないのを……」 選挙後、大詰めへ 第二○章 間違いは許されない 最強のパートナー、問われる実行力 訳者あとがき

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原書名:Hillary
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ヒラリー・R・クリントンの歩み 大統領の最強のパートナー
  • ヒラリー・R・クリントンの歩み 大統領の最強のパートナー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中