ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 風の大地 11

  • 風の大地 11

風の大地 11

  • シリーズ名
    ビッグコミックス
  • 巻の書名
    風の眼
  • ページ数
    203p
  • ISBN
    978-4-09-183681-6
  • 発売日
    1995年00月

485 (税込:524

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鹿沼CCにすごい男が現われた。沖田圭介24歳が、そのずばぬけた才能でプロゴルファーの道をめざす、サクセスストーリー。

    第11巻では、日本プロゴルフ選手権最終日を舞台に、不本意ながら沖田のキャディをする長谷川と沖田との意見の食い違いや、強風の中でのプレーが描かれている。序盤ではスコアを稼げなかった沖田だが、17番ホールを終えてジャンボ尾崎とワンストローク差の2位に浮上した。

    日本プロゴルフ選手権最終日3番ホール。沖田は、だんだん強くなってくる風の動きを読もうとしていた。プレーを始める気配がない沖田に、彼のキャディをしている長谷川博は苛だち、沖田になにかとつっかかる態度をとってしまう(第1話)。
    勢いが弱まる気配がない風のなか、沖田はボールをどのように飛ばそうか思案していた。だが、考えるほどショットが難しくなることに気付いた沖田は、自分のやり方でプレーすることにした。そんな沖田に意地をはり続ける長谷川だが…(第2話)。
目次
第1話 恋の行く末
第2話 風の壁
第3話 隙間を狙え
第4話 信頼
第5話 心の波
第6話 守りっ風
第7話 キャディ
第8話 風の目
第9話 魔法使い

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 風の大地 11
  • 風の大地 11

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中