ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 猛女とよばれた淑女 祖母・斎藤輝子の生き方

  • 猛女とよばれた淑女 祖母・斎藤輝子の生き方

猛女とよばれた淑女 祖母・斎藤輝子の生き方

  • 斎藤由香/著 斎藤 由香(サイトウ ユカ)
    成城大学文芸学部国文科卒。祖父は歌人・齋藤茂吉、父は作家・北杜夫。サントリー株式会社勤務

  • ページ数
    251p
  • ISBN
    978-4-10-467803-7
  • 発売日
    2008年02月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「どうしたらおばあちゃまのように強く生きられるのですか」…齋藤茂吉の妻であり、斎藤茂太、北杜夫の母であった女性の烈しく気高い波瀾の生涯を孫娘がつづる。
目次
プロローグ 茂吉の「をさな妻」
第1章 輝子と父の物語(輝子の好きな人―黒柳徹子さん、兼高かおるさん
アフリカ二ヶ月の旅 ほか)
第2章 世界百八ヶ国豪傑旅行(イルクーツクで腸閉塞
北極圏で氷原を三時間歩く ほか)
第3章 失われた日記(輝子と由香のハワイ旅行
ドキドキの銀座デート ほか)
第4章 追憶の輝子(準備万端のスーツケース
茂吉の故郷を訪ねる ほか)
エピローグ 三十年ぶりに見つけた絵葉書

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

齋藤茂吉の妻にして北杜夫の母である輝子。その波瀾の生涯。明治28年生まれの輝子は、大病院のお嬢様として乳母日傘で育ち、9歳で齋藤茂吉と婚約。一流を好みながら贅沢を嫌い、権威をものともせず、明治女の気骨をもって関東大震災、東京大空襲などの困難を毅然と乗り越えた。茂吉を看取ってから海外旅行に目覚め、89歳で亡くなるまでになんと世界108ヶ国を旅した。気高く烈しく送った生涯を人気エッセイストである孫娘が綴る傑作評伝。

ページの先頭へ

閉じる

  • 猛女とよばれた淑女 祖母・斎藤輝子の生き方
  • 猛女とよばれた淑女 祖母・斎藤輝子の生き方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中