ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • くそったれ、美しきパリの12か月

  • くそったれ、美しきパリの12か月

くそったれ、美しきパリの12か月

  • スティーヴン・クラーク/著 村井智之/訳 クラーク,スティーヴン(Clarke,Stephen)
    1958年生まれのイギリス人。ジャーナリストとしてフランスに滞在した10年間の経験をもとに『くそったれ、美しきパリの12か月』を執筆し、200部を自費出版。その類まれなるおもしろさが口コミでどんどん広がり、フランスの新聞書評をきっかけに一気に注目を浴び、世界中で大ベストセラーに

    村井 智之(ムライ トモユキ)
    1968年生まれ。ニューヨーク市立大学卒業。翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-ク5-1
  • ページ数
    441p
  • ISBN
    978-4-7897-3266-6
  • 発売日
    2008年02月

780 (税込:842

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「女は申し分のない下着を身につけている」が、「ぜったいにあの国には行くな」友人のアドバイスは的確だったかもしれないが、フランスの会社にヘッドハンティングされたイギリス男のポールは、下着を確認するべく、パリ行きを決めたのだった。もちろんそんなチャンスはすぐに訪れるはずもなく、街を歩けば犬の糞を踏んづけ、イギリス人のプライドをさんざんくじかれ、世の常識はどこにあるのか途方に暮れるのであった…。好奇心と欲望とユーモアを武器に果たしてポールはどうやってサバイブしていくのか。異文化に憧れ、失望し、そして理解するのに役立つ一冊―。
目次
9月 犬猿の仲―どうしてフランス人は英語を話す人間を信用しないのか。とりわけ(僕のように)フランス語を話せない者を。
10月 糞を踏む―観光スポットであれほかの場所であれ、パリの街を歩けば糞を踏む。その言葉どおりの意味と象徴としての意味。
11月 我が家でくつろぐように―部屋探し。屋根裏部屋の神話。床板に穴の開いた共用トイレはロマンチックか否か。
12月 美食の大国―フランスに暮らしてずいぶん舌も肥えたけれど、あえてイギリスの食べ物にノスタルジアを感じてみよう。
1月 田舎の別荘―フランスの田舎にある掘り出し物の物件。胡散臭いほど安いコテージを買うことについて。
2月 戦いではなく、愛を―イラク戦争の影迫る。フランス流の性の手ほどきによってラテンの男に生まれ変わる。
3月 座薬の喜び―なんとも寛大なフランスの医療システム。「裏口を活用した治療」を身をもって体験する。
4月 自由、平等、くそまみれ―結局のところ、フランス人は英語を話す人間にかなりの好意を抱いている。エキゾチックなフロレンスにおいては、とくにその傾向あり。
5月 1968年とそのあれこれ―いくつもの長い週末、消化すべき有給休暇、避けがたいストライキ。その年の仕事を五月の一日までに終わらせておかなければ、あとあとやっかいになることは、フランス人なら誰でも知っている。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:A year in the merde
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • くそったれ、美しきパリの12か月
  • くそったれ、美しきパリの12か月

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中