ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 家族のデザイン

  • 家族のデザイン

家族のデザイン

  • 小長谷有紀/編 小長谷 有紀(コナガヤ ユキ)
    1957年生まれ、国立民族学博物館教授。専攻は文化人類学、文化地理学

  • シリーズ名
    未来を拓く人文・社会科学 4
  • ISBN
    978-4-88713-807-0
  • 発売日
    2008年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 多様かつ変容し続けるのが家族の歴史的実態だ。少子高齢社会の現実を見据え、通念を超えた新たな現代家族の創出を目指す。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。シングルというスタイルの選択があることを含めて、「他者とともに生きる自立」という観点から、「家族」を切り口にして社会全体の未来に資することを試みている。
目次
第1章 家族への冒険(「出生の秘密」とは何か
継子の描かれ方
「捨子」をめぐる言説
日本の近世、韓国・朝鮮の場合
現代の表象)
第2章 ポストモダンの出産と家族(社会の変貌―冷たい社会から熱い社会へ
リプロダクションの現在
出産の移り変わり―前近代からポストモダンまで
パラダイム変換―産み方と家族
新しい家族の創造に向けて―自然/文化、そして人工)
第3章 女性と家族―少子化のゆくえ(女性の社会的地位とジェンダー・システム
わが国の少子化と女性の社会的地位
わが国の家庭内ジェンダー関係
仕事と家庭の両立への政策的支援
女性と家族から見た少子化のゆくえ)
第4章 座談会・家族のデザイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 家族のデザイン
  • 家族のデザイン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中