ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 雇用,利子および貨幣の一般理論 上

  • 雇用,利子および貨幣の一般理論 上

ポイント倍率

雇用,利子および貨幣の一般理論 上

  • シリーズ名
    岩波文庫 34-145-1
  • ISBN
    978-4-00-341451-4
  • 発売日
    2008年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,070 (税込:1,156

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経済学の歴史に「ケインズ革命」と呼ばれる一大転機を画した書。資本主義の抱える大量失業と不安定な経済循環への処方箋として、雇用と有効需要、利子率と流動性とを組み合わせた「一般理論」を構想。現代経済学の出発点にして、今なお必読の古典。待望の新訳。
目次
第1篇 序論(一般理論
古典派経済学の公準
有効需要の原理)
第2篇 定義と概念(単位の選定
産出量と雇用の決定因としての期待
所得、貯蓄および投資の定義
使用費用について
貯蓄と投資の意味―続論)
第3篇 消費性向(消費性向(一)―客観的要因
消費性向(二)―主観的要因
限界消費性向と乗数)
第4篇 投資誘因(資本の限界効率
長期期待の状態
利子率の一般理論
古典派の利子率理論
マーシャル『経済学原理』、リカード『政治経済学原理』、その他に見られる利子率について
流動性への心理的誘因と営業的誘因
資本の性質に関するくさぐさの考察
利子と貨幣の本質的特性
雇用の一般理論―再論)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The general theory of employment,interest and money
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 雇用,利子および貨幣の一般理論 上
  • 雇用,利子および貨幣の一般理論 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中