ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日清戦争と軍医森鴎外 『明治二十七八年役陣中日誌』を中心として

  • 日清戦争と軍医森鴎外 『明治二十七八年役陣中日誌』を中心として

日清戦争と軍医森鴎外 『明治二十七八年役陣中日誌』を中心として

  • 森富/著 森 富(モリ トム)
    1921年(大正10)年生まれ。1944年東北帝国大学医学部(解剖学専攻)卒業。その後、陸軍軍医として原爆投下直後の広島で被爆者の救護活動をする。1961年から85年まで東北大学医学部教授、1990年から1994年まで仙台大学の学長を務める。1995年勲二等瑞宝章受章。東北大学名誉教授。2007年8月31日逝去

  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-903251-04-2
  • 発売日
    2008年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 森 外の孫である著者が、祖父・ 外の日清戦争出征時の事跡を検証、新しい解釈を試みる。(国語・国文学図書総目録より)
目次
第1章 中路兵站軍医部長として―朝鮮国赴任(釜山上陸、一時帰国(明治二十七年八月~九月))
第2章 第二軍兵站軍医部長として―清国赴任(花園口、柳樹屯にて(明治二十七年十月~十一月)
柳樹屯にて(明治二十七年十一月~十二月)
柳樹屯にて(明治二十七年十二月)
柳樹屯、龍鬚島にて(明治二十八年一月)
龍鬚島、威海衛にて(明治二十八年二月))

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 日清戦争と軍医森鴎外 『明治二十七八年役陣中日誌』を中心として
  • 日清戦争と軍医森鴎外 『明治二十七八年役陣中日誌』を中心として

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中