ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東アジア内海世界の交流史 周縁地域における社会制度の形成

  • 東アジア内海世界の交流史 周縁地域における社会制度の形成

東アジア内海世界の交流史 周縁地域における社会制度の形成

  • 加藤雄三/編 大西秀之/編 佐々木史郎/編 加藤 雄三(カトウ ユウゾウ)
    1971年東京都生まれ。総合地球環境学研究所助教。法史学

    大西 秀之(オオニシ ヒデユキ)
    1969年奈良県生まれ。総合地球環境学研究所上級研究員。人類学、考古学

    佐々木 史郎(ササキ シロウ)
    1957年東京都生まれ。国立民族学博物館教授。文化人類学

  • ISBN
    978-4-409-51059-9
  • 発売日
    2008年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 海から立ちあらわれるもう一つの東アジア。サハリン、北海道、満洲から、琉球、奄美の島々まで国家の周縁部から歴史をとらえなおす、考古学、人類学、歴史学による画期的取組み。
目次
第1部 交流・交易をになった地域のすがた(アイヌ文化の成立と交易
琉球王国における貢納制の展開と交易―「琉球弧」域内統合と交易システム
アイヌの北方交易とアイヌ文化―銅雀台瓦硯の再発見をめぐって
南島の交流と交易―環東シナ海における位置)
第2部 社会をつくる人びと、つなぐ人びと(清代マンジュ(満洲)人の「家」と国家―辞令書と系図が語る秩序
近世琉球の社会と身分―「家譜」という特権
ダイチン・グルン時期のアンダ―帝国の編成から交易における活用まで
台湾事件と漢番交易の仲介者―双渓口の人びとのまなざし)
第3部 日々の営みをめぐる権利(極東ロシア先住民族の狩猟領域―沿海地方のウデヘの事例から
清末民国期の太湖流域漁民―漂泊・漁撈生活と入漁慣行
アイヌ社会における川筋集団の自律性
租界社会と取引―不動産の取引から)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 東アジア内海世界の交流史 周縁地域における社会制度の形成
  • 東アジア内海世界の交流史 周縁地域における社会制度の形成

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中