ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ねえ

  • ねえ

ねえ

  • 谷川俊太郎/文 覚和歌子/文 さとうあきら/写真 谷川 俊太郎(タニカワ シュンタロウ)
    1931年東京生まれ。21歳のとき第一詩集『二十億光年の孤独』(東京創元社)を発行。詩作を中心に絵本、翻訳、CM、作詞など幅広いジャンルで活動を続ける。現代を代表する詩人のひとり。著書多数

    覚 和歌子(カク ワカコ)
    著書に詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『海のような大人になる』(理論社)ほか、エッセイ、翻訳絵本など多数。「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を作詞し、自らもシンガーとして、また朗読家、映画脚本家としても活躍

    さとう あきら(サトウ アキラ)
    東京生まれ。東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなど各国各地の国立公園や動物園を撮影

  • ページ数
    63p
  • ISBN
    978-4-577-81220-4
  • 発売日
    2008年01月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愛らしくてユニークな動物写真に、谷川俊太郎+覚和歌子のふたりが珠玉のことばをつづります。子どもからおとなまで幅広く楽しめる写真絵本。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24cm
対象年齢 幼児 一般

商品のおすすめ

愛らしくてユニークな動物写真に当代きっての詩人たちが珠玉のことばをつづる。子どもから大人まで楽しめるビジュアルブック。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

動物達の愛くるしい写真一つ一つに覚和歌子・谷川俊太郎両氏が楽しい文章をつけているのがとってもいい味を出していると思います。動物達の表情がとっても豊かだし文章も巧く韻を踏んでいたりするのでとてもリズミカル。読んでいてとても楽しいのです。写真の中に吹き出しで一言書かれている部分は娘の担当で変わりばんこに読むのが我が家流です(^m^)(さえら♪さん 40代・大分県♪♪♪ 女6歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ねえ
  • ねえ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中