ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 若者が主役だったころ わが60年代

  • 若者が主役だったころ わが60年代

若者が主役だったころ わが60年代

  • 色川大吉/著 色川 大吉(イロカワ ダイキチ)
    1925年生。東京大学文学部国史科卒。東京経済大学名誉教授

  • ページ数
    340p
  • ISBN
    978-4-00-025763-3
  • 発売日
    2008年02月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1956年から68年までの激動の時代を、同時代史と切り結んだ痛覚から生々しく描き出す「自分史」。
目次
序章 昭和の三〇年と私―一九二五‐五五年
第1章 新しい人生への再出発
第2章 安保デモの渦中で
第3章 東京オリンピック前後
第4章 人生の難関に直面
第5章 海外から日本を考える
第6章 ユーラシア単独行
終章 帰ってきた日本は―「昭和元禄」と若者たちの時代

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

一九六〇年代、人々はなお貧しくても前途に希望をもって生きていたし、学生や若者たちが歴史の前面に出て主役を演じていた時代であった。戦後復興が終わった一九五六年から六八年まで、安保、オリンピック、高度成長、文革、ベトナム戦争、学園紛争と激動する時代を、同時代史と切り結んだ痛覚から生々しく描き出す。

ページの先頭へ

閉じる

  • 若者が主役だったころ わが60年代
  • 若者が主役だったころ わが60年代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中