ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「学校協議会」の教育効果に関する研究 「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー

  • 「学校協議会」の教育効果に関する研究 「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー

「学校協議会」の教育効果に関する研究 「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー

  • 平田淳/著 平田 淳(ヒラタ ジュン)
    1970年生まれ、福岡県出身。2002年東京大学大学院教育学研究科博士課程満期単位取得退学。2004年トロント大学大学院オンタリオ教育研究所博士課程修了(Ph.D.)。現在、弘前大学教育学部准教授

  • ISBN
    978-4-88713-802-5
  • 発売日
    2007年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

5,600 (税込:6,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「開かれた学校づくり」の必要性が指摘されて久しいが、そこにはどのような教育効果があるのだろうか。本書は、管理職、教師、子ども、親などの代表から構成され、協働しながら合意を形成するための合議制機関である「学校協議会」を通した「開かれた学校づくり」によって、これら教育当事者が何を得るのかを、エンパワーメントの視点から実証的に分析した労作である。
目次
第1章 課題の設定
第2章 先行研究のレビュー、概念枠組みと理論的視座
第3章 学校協議会を取り巻く関連諸改革
第4章 リサーチ・デザイン
第5章 ケース1:任意設置の学校協議会―X高校学校協議会のエンパワーメント機能
第6章 ケース2:義務設置の学校協議会―Y高校学校協議会のエンパワーメント機能
第7章 学校協議会で子どもは成長するのか?―ケース間分析を通して調査設問に答える
資料

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「学校協議会」の教育効果に関する研究 「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー
  • 「学校協議会」の教育効果に関する研究 「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中