ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 甲冑師・明珍宗恭と語る 黒沢明が愛した最後の職人

  • 甲冑師・明珍宗恭と語る 黒沢明が愛した最後の職人

甲冑師・明珍宗恭と語る 黒沢明が愛した最後の職人

  • 明珍宗恭/〔著〕 石田謙司/著 石田 謙司(イシダ ケンジ)
    1942年2月21日東京都中央区築地に生まれる。1964年、早稲田大学卒業。私立本郷高校非常勤講師に就く。月有限会社鷲分入社。1965年、本郷高校退職。1979年、東京魚市場銀鱗会編集部長に就任。1986年、『江戸明珍家の研究』(ルーツの会刊)自費出版。1989年、有限会社鷲分の社長に就任。2004年、鷲分廃業、当世具足の研究に専念。2006年、早稲田大学夏期セミナーにて学芸員の資格取得、現在歴史研究会編集協力委員

  • ページ数
    143p
  • ISBN
    978-4-7979-8072-1
  • 発売日
    2007年11月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 室町時代から続く甲冑師の名門・明珍家二十五代当主・宗恭(むねゆき)氏と、40年にわたり親交のある著者との対談集。異端の天才学者・山上八郎博士の秘話をはじめ、甲冑を愛する、国内外のコレクターたちの交遊エピソードを満載!?明珍氏手製の『鎧絲集』もカラーで初公開。本書は、甲冑ファンだけでなく、映画ファンにもおすすめ。
目次
『何が映画か』(対談・黒澤明VS宮崎駿)
少年時代
山上八郎博士との出会い
甲冑師への道
名古屋・徳川美術館へ
満州国皇帝献上の大鎧製作と戦中・戦後
堀英吉と芳賀實成
黒澤明と『七人の侍』
奇人・山上八郎
宝仙寺と西光寺
榊原家の鎧
織田信長が上杉謙信に贈った胴丸
松浦史料博物館
山上八郎と末永雅雄
『日本冑百選』
山上博士の死
埼玉県立博物館の仕事
日本の明珍から世界のミョウチンへ
国宝・日御碕大鎧復元
有終の美

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 甲冑師・明珍宗恭と語る 黒沢明が愛した最後の職人
  • 甲冑師・明珍宗恭と語る 黒沢明が愛した最後の職人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中