ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レイモン・サヴィニャック自伝

  • レイモン・サヴィニャック自伝

ポイント倍率

レイモン・サヴィニャック自伝

  • レイモン・サヴィニャック/著 橋本順一/訳 サヴィニャック,レイモン(Savignac,Raymond)
    1907年、パリ生まれ。パリのエコール・ラボアジェで学んだ後、1935年、アールデコの巨匠カッサンドルに学ぶ。1949年、ベルナール・ヴィルモと行った二人展で、モンサヴォン石鹸のポスターを展示していたところ、同社の社長の目にとまり正式採用され、41歳にして本格デビューをする。以後は瞬く間にファンを生みだし、エールフランス、ミシュラン、ペリエ、ビックなどのフランス企業をはじめ、森永製菓、豊島園、ライフ、ダンロップなど、日本やアメリカの企業からの依頼も数多く受ける。1979年、パリの北西の町トゥルーヴィルに移り住み、創作活動を続ける。晩年は、同市のために、壁画からナプキンまで街のいたるところに作品を提供。2002年10月永眠

    橋本 順一(ハシモト ジュンイチ)
    1948年、埼玉県生れ。東京大学仏文科卒業。フランス政府給費留学(1982‐1984年)。慶應義塾大学教授

  • ページ数
    411,4p
  • ISBN
    978-4-9901748-8-0
  • 発売日
    2007年11月

3,429 (税込:3,703

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 素朴かつ色彩感覚溢れるその作風で、世界中の企業ポスターを数多く手がける、フランス人ポスター画家、遅咲きの天才が書き下ろした唯一の自伝が初邦訳化。パリでの幼年時代、二度の兵役、師匠との出会い、そして果てしなく続く転職や解雇の日々。しかし、41歳の時に描いたある絵で、彼は一躍人気ポスター画家の仲間入りをするのだった。今もなお、世界中の多くの人に慕われ続ける偉大な画家が、激動の半生、創作論、現代社会への警鐘、広告業界への想いを自ら綴る。日本語版のみのイラストや写真、そして注釈、解説を豊富に収録。特別付録・サヴィニャックゆかりの地を辿るフランス・パリ地図。
目次
第1章 パリでの幼年時代
第2章 自転車熱と最初の就職
第3章 パリのアニメ工房時代
第4章 カッサンドルとの出会い
第5章 終わりなき修行、そして兵役
第6章 モンサヴォンの牡牛誕生
第7章 いいポスター、もしくは広告とは?
第8章 ショーウィンドー、パリ、そしてアメリカ
第9章 バルナブースの列車、あるいは見果てぬ夢
晩年のサヴィニャック(または人生の秋)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Savignac affichiste
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • レイモン・サヴィニャック自伝
  • レイモン・サヴィニャック自伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中