ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アジアを歩く 灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行

  • アジアを歩く 灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行

アジアを歩く 灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行

  • 灰谷健次郎/文 石川文洋/写真・キャプション 灰谷 健次郎(ハイタニ ケンジロウ)
    1934年神戸市に生まれる。17年間の小学校教員生活を経て、アジア、沖縄を歩く。1974年に『兎の眼』を発表し、作家生活に入る。その作品は子どもから大人まで幅広い読者に支持されている。2006年11月23日、逝去

    石川 文洋(イシカワ ブンヨウ)
    1938年那覇市首里生まれ。香港でスタジオ勤務のあと、1965年1月ベトナムに渡り1968年12月までベトナム戦争を取材する。1969~1984年朝日新聞社出版写真部カメラマン。現在フリーカメラマン

  • シリーズ名
    エイ文庫 156
  • ISBN
    978-4-7779-0892-9
  • 発売日
    2007年12月

900 (税込:990

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『兎の眼』『太陽の子』などの代表作がある作家・灰谷健次郎と、ベトナム戦争から生還したカメラマンとして知られる石川文洋。2人は大の旅好き、酒好き、そしてアジア好き。アジア各国、たくさんの旅をしました。灰谷さんの眼に映ったアジアの人々の暮らし、その表情とは。石川文洋さんの全315点におよぶ写真とともに、2人の旅を追体験します。
目次
タイ
ベトナム
フィリピン
ミャンマー(ビルマ)
ラオス
ネパール
中国
インド
パラオ・ペリリュー
追悼・灰谷健次郎さん

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アジアを歩く 灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行
  • アジアを歩く 灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中