ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 桃のデザートには隠し味

  • 桃のデザートには隠し味

桃のデザートには隠し味

  • リヴィア・J.ウォッシュバーン/著 赤尾秀子/訳 ウォッシュバーン,リヴィア・J.(Washburn,Livia J.)
    小説を書き始めたのは1978年。ミステリ第1作Wild Nightで、アメリカ私立探偵作家クラブ賞およびアメリカン・ミステリ賞を受賞。このころから、夫ジェイムズ・リーズナーともども、執筆活動に専念。夫との共著では、アメリカ・ウェスタン作家協会によるSpur Awardにノミネートされる。家族は、夫と娘ふたり。テキサス州在住

    赤尾 秀子(アカオ ヒデコ)
    津田塾大学数学科卒

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 ウ3-1 お料理名人の事件簿 1
  • ページ数
    378p
  • ISBN
    978-4-270-10143-8
  • 発売日
    2007年12月

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 桃の産地として名高いテキサス州の田舎町。今年もまた甘酸っぱい桃の香りが町中に満ちて、恒例のピーチ・フェスティバルが開催された。目玉はなんといっても、桃料理コンテスト。今年こそ絶対に優勝!と、お料理名人のフィリスは新作のピーチ・コブラーを作って出場。ところが審査員長がコブラーを口にしたとたん、急死してしまい…!?定年した教師ばかりが集う不思議な下宿で、女主人フィリスが新作レシピと難事件に挑む!料理自慢のシリーズ第1弾。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:A peach of a murder
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 桃のデザートには隠し味
  • 桃のデザートには隠し味

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中