ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大逆事件の言説空間 新装版

  • 大逆事件の言説空間 新装版

大逆事件の言説空間 新装版

  • 山泉進/編著 山泉 進(ヤマイズミ ススム)
    1947年、高知県生まれ。明治大学法学部教授

  • シリーズ名
    明治大学人文科学研究所叢書
  • ISBN
    978-4-8460-0677-8
  • 発売日
    2007年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「大逆事件」というフレームアップ。―事件をめぐり飛びかう言説によって事実が構築され定着していった。たんなる無罪論を超え、「情報の権力性」という視点から「大逆事件」を創りだした言説空間の構造にせまる労作。
目次
序説 「大逆事件」の言説空間(言説空間と空間規制
不敬罪と不敬事件 ほか)
第1部 佐藤春夫の大逆事件―「憂鬱=倦怠の文学」の誕生(文学史的事象としての大逆事件
「新宮の大逆事件」 ほか)
第2部 事件「大逆」の裾野(日刊「平民新聞」文芸―事件「大逆」への道
右サイドの事件「大逆」小説―池雪蕾著『憂国志談 大逆陰謀の末路』の言説空間 ほか)
第3部 「大逆事件」のニューヨークへの到達(「大逆事件」の発端と新聞報道
Harrisonケーブル記事の波紋と外務省 ほか)
第4部 大逆事件と石川啄木(「大逆事件」初期報道と石川啄木
一九一〇年九月下旬以後の大逆事件報道 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 大逆事件の言説空間 新装版
  • 大逆事件の言説空間 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中