ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 萩原延寿集 1

  • 萩原延寿集 1

萩原延寿集 1

  • 萩原延寿/著 萩原 延壽(ハギワラ ノブトシ)
    1926年、東京・浅草に生まれる。東京大学法学部政治学科卒業。同大学院修了後、ペンシルヴァニア大学、オックスフォード大学へ留学。帰国後は研究・著述に専念する。2001年没

  • 巻の書名
    馬場辰猪
  • ページ数
    391p
  • ISBN
    978-4-02-250349-7
  • 発売日
    2007年11月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 馬場辰猪とは何者か。福沢諭吉とイギリス留学、この二つの巨大な経験をへて、自由民権運動の最前線に進み出た馬場が、「近代日本の夜明け」明治にみたものは?知識人の孤独、転向と亡命を描ききった著者会心の第一作。
目次
馬場辰猪
福沢・中江・馬場
「丁丑公論」「瘠我慢の説」を読む

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

知識人の孤独、転向と亡命を描ききった著者会心の第1作。付録として、これまで未収録の論考も。解説は宮村治雄。

ページの先頭へ

閉じる

  • 萩原延寿集 1
  • 萩原延寿集 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中