ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか

  • 演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか

演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか

  • 毛利三弥/編 毛利 三彌(モウリ ミツヤ)
    成城大学文芸学部教授(演劇学)。1996‐99年および2002‐05年国際演劇学会理事、1996‐2005年度日本演劇学会会長

  • シリーズ名
    叢書〈演劇論の現在〉
  • ISBN
    978-4-8460-0630-3
  • 発売日
    2007年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界を代表する演劇研究者たちが演劇の過去、現在、そして未来へと続く展望を集中的に論じた評論集の刊行。演劇研究の最前線が集約される。
目次
序 演劇論の変貌―二十世紀から二十一世紀に向けて
1 演劇研究の新しい状況
3 センス(意味)とセンセイション(感覚)―演劇の記号論的次元とパフォーマティヴな次元の相互作用
3 文化から越境文化へ―インターカルチュラリズム(異文化接触主義)は、いまだ可能か?
4 学問分野の推移―ここ数年のパフォーマンス・スタディーズ
5 舞台を代替する―演劇とニューメディア
6 演劇研究における実践の位置付けの転換
7 テクストとミザンセーヌ―古典的構造を持つ上演形態としてのドラマ
8 演劇的イヴェントの拡大概念―ダブリンにおけるブルームズデイ百年記念のイヴェント性

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか
  • 演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中