ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 囚われの少女ジェーン ドアに閉ざされた17年の叫び

  • 囚われの少女ジェーン ドアに閉ざされた17年の叫び

囚われの少女ジェーン ドアに閉ざされた17年の叫び

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス N-エ2-1
  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-7897-3183-6
  • 発売日
    2007年10月

680 (税込:734

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ジェーンが4歳のとき、母の再婚相手として、リチャードという男が現れた。虐待はその日から始まった。殴られ、蹴られ、「色つき女」と呼ばれる。食事につばを吐かれ、食べさせられる。窒息死への恐怖でおもらしするまで枕を顔に押し付けられる。「ご奉仕」と称して命じられる、身の毛もよだつ行為。結婚しても、娘が生まれても、別の家で暮らし始めても、終わらない地獄の日々―。4歳から21歳までの17年という長い年月にわたり、義父からの虐待に耐え続けた女性が、ついに勇気を出して告発し、勝利と幸福を勝ち取るまでの真実の記録。
目次
真実を打ち明ける勇気
義父リチャードという名の悪魔
身の毛もよだつような「ご奉仕」
短かった祖父との至福の時
見て見ぬふりをする母
唯一の逃げ場だった学校
初めての彼と引き裂かれて
愛娘の誕生で、家を出る
引越し先にまで現れた悪魔
初めての抵抗―21歳の決意
あまりにも長く隠し続けてきた秘密
勇気を奮い起こして警察へ
支配と恐怖からの脱出
真実を訴えたという誇り

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The little prisoner
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 囚われの少女ジェーン ドアに閉ざされた17年の叫び
  • 囚われの少女ジェーン ドアに閉ざされた17年の叫び

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中