ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 杉原千畝の真実 ユダヤ人を救った外交官の光と影

  • 杉原千畝の真実 ユダヤ人を救った外交官の光と影

杉原千畝の真実 ユダヤ人を救った外交官の光と影

  • 宮崎満教/著 宮崎 満教(ミヤザキ ミツノリ)
    昭和31年12月、静岡県に生まれる。立教大学文学部日本文学科を卒業後、夕刊紙に入社。多くのスクープを手がけ、独立。出版社を経営。映像、音楽、イベントプロデュースも手がける

  • ページ数
    252p
  • ISBN
    978-4-938343-65-1
  • 発売日
    2007年11月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 杉原千畝が助けたのはユダヤ人だけではなく恐怖に脅えて助けを求めた人間だった。謎に包まれたビザ発給の真実。千畝こそもっとも高貴な魂を持った日本人だった。
目次
第1章 理解できない奇跡(28年ぶりの再会
ヤド・バシェム賞を受賞
うずまく狂想曲
賞賛と批判)
第2章 生い立ちとその精神(武士道と西欧への憧れ
なじめなかった軍隊生活
クラウディアとの出会いと別離
満州の洪水)
第3章 ビザ発給の真実(混乱のヨーロッパへ
運命の地、カウナス
ユダヤ人の少年の過ごしたハヌカの祭り
日本領事館の前に集まった群衆
訓令に背く決断
オランダの協力とソ連への説得)
第4章 ユダヤ人たちの未来(最後まで書き続けたサイン
領事館の前の子供
外務省からの解雇通知
ユダヤ人の代表者
日本人とユダヤ人)
第5章 沈黙を守り続けた戦後(プラハでも発給したビザ
敗戦国の外交員
廣田弘毅への尊敬
語りたがらなかった過去)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 杉原千畝の真実 ユダヤ人を救った外交官の光と影
  • 杉原千畝の真実 ユダヤ人を救った外交官の光と影

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中