ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

  • 世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

  • 岡田芳郎/著 岡田芳郎(おかだ・よしろう)1934年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。56年、電通入社。コーポレート・アイデンティティー室長を経て、電通総研常任監査役を務め、98年、退職。70年の大阪万博では「笑いのパビリオン」を企画。80年代は電通のCIビジネスで指導的役割を果たしました。著書に、『社会と語る企業』(電通)、『観劇のバイブル』(太陽企画出版)、詩集『散歩』(思潮社)など。共訳書に『アメリカの心──全米を動かした75のメッセージ』(学生社)があります。

  • ページ数
    277p
  • ISBN
    978-4-06-214360-8
  • 発売日
    2008年01月

1,700 (税込:1,836

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昭和24年、山形県酒田市に開業した「グリーン・ハウス」という映画館をご存じでしょうか。映画評論家・淀川長治氏をして「世界一の映画館」と言わしめた伝説の映画館です。では、同じく酒田市にある「ル・ポットフー」というフランス料理店はご存じですか。これまた、昭和40年代から50年代にかけて、開高健、丸谷才一、山口瞳らの食通たちの絶賛を浴びた「日本一のフランス料理店」です。そして、この映画館とレストランの支配人として腕をふるったのが、本書の主人公、佐藤久一です。 しかし、佐藤久一の名前を出すと、地元酒田の人たちの多くは顔を曇らせます。それはいったい、なぜなのでしょうか。あの忌まわし出来事を思い出させるからなのでしょうか──。 東北地方の一地方都市を舞台に、客に奉仕することと恋をすることに無情の情熱を抱いた男の生涯をたどる、まったく新しいタイプのノンフィクション作品です。
目次
第1章 グリーン・ハウスその一―一九五〇~五五年
第2章 グリーン・ハウスその二―一九五五~六四年
第3章 東京・日生劇場―一九六四~六七年
第4章 レストラン欅―一九六七~七三年
第5章 ル・ポットフー(清水屋)―一九七三~七五年
第6章 ル・ポットフー(東急イン)その一―一九七五~八三年
第7章 ル・ポットフー(東急イン)その二―一九八四~九三年
第8章 ふたたび、レストラン欅―一九九三~九七年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか
  • 世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中