ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会学のアリーナへ 21世紀社会を読み解く

  • 社会学のアリーナへ 21世紀社会を読み解く

社会学のアリーナへ 21世紀社会を読み解く

  • 友枝敏雄/編 厚東洋輔/編 友枝 敏雄(トモエダ トシオ)
    大阪大学大学院人間科学研究科教授。1951年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退

    厚東 洋輔(コウトウ ヨウスケ)
    大阪大学大学院人間科学研究科教授。1945年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。博士(人間科学)

  • シリーズ名
    シリーズ社会学のアクチュアリティ:批判と創造 3
  • ISBN
    978-4-88713-794-3
  • 発売日
    2007年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世紀の幕開け、変貌し続ける世界にあって社会科学が学として立つべき場所(=アリーナ)はどこか?ポストモダン論、グローバリゼーション論等、近代知の没落を告げる言説が交錯する中、社会学の固有性と今日における存在理由を追求する。
目次
序章 モダニティの社会学理論―ギデンズを中心にして
第1章 社会学と社会システム論―システムとその「外」
第2章 社会学理論と社会病理―観察のモダンとポストモダン
第3章 近代社会学の成立―一九世紀フランス社会学の事例から
第4章 フィールドワークから社会学理論の形成へ―社会学の伝統再考
第5章 生活政治の社会学―支援社会を求めて
第6章 社会学と資本主義―生活構造論の革新
第7章 社会学から見たグローバル化・地域統合・国家―現代フランスの変貌を事例として
第8章 グローバリゼーションと人間の安全保障の興隆
終章 グローバリゼーションと社会学の未来

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会学のアリーナへ 21世紀社会を読み解く
  • 社会学のアリーナへ 21世紀社会を読み解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中