ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エンジン性能の未来的考察

  • エンジン性能の未来的考察

エンジン性能の未来的考察

  • 瀬名智和/著 瀬名 智和(セナ トモカズ)
    1953年東京生まれ。学生時代は自動車部に所属、卒業して自動車メーカーに入社し、主としてエンジン実験部に在籍。その後部品メーカーに転じて、製品開発業務に携わる。現在は医療関係の機器を中心にした設計を請け負う事務所を主宰する。そのかたわら、自動車及び航空機関係の技術史を研究している

  • ページ数
    240p
  • ISBN
    978-4-87687-296-1
  • 発売日
    2007年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 排気中のCO2発生量の削減、そのための更なる燃費向上が求められているが、ハイブリッドカーやバイオ燃料だけではたして化石燃料に代替しうるものなのか。ガソリンエンジンだけでなくディーゼルエンジン、可変技術も含め現状への鋭い考察の中からトータルな環境負荷軽減とクルマの方向を探る。
目次
エンジン性能とは何か
エンジンの気筒数と気筒配列
出力性能向上を図るには
トルクの向上を図るには
エンジンのレスポンスを向上させるには
エンジンの軽量・コンパクト化
混合気の燃焼促進について
圧縮比の向上を図るには
エンジンの燃費を良くするには
ディーゼルエンジンの特性と諸問題
可変機構による二律背反の克服
フリクショロスの低域
自動車用各種燃料の特性を考える
エンジンの振動・騒音の低域
排気規制対策と排気浄化について
エンジンの製造コスト削減

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • エンジン性能の未来的考察
  • エンジン性能の未来的考察

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中