ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 金原明善の一生

  • 金原明善の一生

金原明善の一生

  • 三戸岡道夫/著 三戸岡 道夫(ミトオカ ミチオ)
    本名、大貫満雄。日本文藝家協会員。日本ペンクラブ会員。大日本報徳社副社長。1928年浜松市生まれ。1953年東京大学法学部卒業。協和銀行副頭取を経て、作家活動に入る

  • ページ数
    384p
  • ISBN
    978-4-7541-0102-2
  • 発売日
    2007年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地球環境保護に全財産を投入し、全生涯を捧げて実践した人物、静岡県の植林王金原明善。全国に治水治山の必要性を説き、植林事業を推進した偉大で崇高な生涯は、現代人の心を三倍感動させる超人的な力を秘めている。
目次
出生と青年時代
父久平のこと
松平家の家政整理
横浜遠江屋の経営
松平家の安泰運動
天龍川の洪水
藩県時代の治水
治河協力社の設立
治河協力社の事業
丸家銀行
植林事業
金原林の造林と富士山麓植林
金原疎水財団
製材業の経営
天龍運輸株式会社
金原銀行
出獄人保護事業
北海道開拓
岐阜県への植林協力
和田村村長
老いてますます盛んなり
明善没後の事業状況

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 金原明善の一生
  • 金原明善の一生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中