ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 公共空間の政治理論

  • 公共空間の政治理論

公共空間の政治理論

  • 篠原雅武/著 篠原 雅武(シノハラ マサタケ)
    1975年神奈川県生まれ。1999年京都大学総合人間学部卒業。2004年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位認定退学。京都大学博士(人間・環境学)、都市論・政治理論

  • ページ数
    248p
  • ISBN
    978-4-409-04089-8
  • 発売日
    2007年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アーレント、ルフェーブルの思想をたどり、公共性への問いを「空間」から捉え返す、現代都市論・社会理論の刺激的試み。進行する空間の均質化に抗う、丹念にして膂力に満ちた思考の誕生。
目次
序章(公共空間とはなにか―問いの設定
開けた閉域へ―公共空間のネオリベラル化)
第1章 境界と分離(境界としての空間
分離という問題)
第2章 政治空間論―均質化と差異化(ルフェーブルの空間論
日常生活批判から空間の政治理論へ
空間概念の政治化)
第3章 公共空間の政治(公共空間の開放と制限
公共空間と排除空間)
結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 公共空間の政治理論
  • 公共空間の政治理論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中