ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕の二人のおじさん、藤田嗣治と小山内薫

  • 僕の二人のおじさん、藤田嗣治と小山内薫

僕の二人のおじさん、藤田嗣治と小山内薫

  • 蘆原英了/著 蘆原 英了(アシハラ エイリョウ)
    1907‐81。日本におけるシャンソン評論の草分け

  • ページ数
    333p
  • ISBN
    978-4-88008-373-5
  • 発売日
    2007年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一人は、世界的な画家フジタ・ツグハル。一人は、新劇運動の旗手で、築地小劇場の創始者オサナイ・カオル。この二人のおじさんに仕込まれ、誕生したのが、マルチ文化人アシハラ・エイリョウ。稀代のエンサイクロペディストの半自叙伝を通して読む、大正昭和の芸能文化私史。
目次
藤田嗣治と小山内薫
叔父フジタと私(小説藤田嗣治
小説藤田嗣治―フジタと女
小説藤田嗣治―藤田の秘密)
フジタの心情
私の半自叙伝R´ETRO 1907~1980

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕の二人のおじさん、藤田嗣治と小山内薫
  • 僕の二人のおじさん、藤田嗣治と小山内薫

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中