ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • JUSE-StatWorksによる新QC七つ道具入門

  • JUSE-StatWorksによる新QC七つ道具入門

JUSE-StatWorksによる新QC七つ道具入門

  • 猪原正守/著 棟近雅彦/監修 棟近 雅彦(ムネチカ マサヒコ)
    1987年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士取得。1987年東京大学工学部反応化学科助手、1992年早稲田大学理工学部工業経営学科(現経営システム工学科)専任講師、1993年同助教授を経て、1999年より早稲田大学理工学術院創造理工学部経営システム工学科教授。主な研究分野は、TQM、感性品質、医療の質保証、経営診断。ISO/TC176日本代表エキスパート

    猪原 正守(イハラ マサモリ)
    1986年大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程修了、工学博士取得。1986年大阪電気通信大学工学部経営工学科講師、1989年同助教授を経て、1996年より情報工学部(現情報通信工学)情報工学科教授。主な研究分野は、多変量統計解析、SQC、TQM

  • シリーズ名
    StatWorksによる新品質管理入門シリーズ 第2巻
  • ISBN
    978-4-8171-9223-3
  • 発売日
    2007年05月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、JUSE-StatWorks/V4.0から新たに搭載された「新QC七つ道具」の手法を読者の興味が持てるように現場でしっかり活用できるように作成しました。
    また、コンセプトは「ソフトによらず手法がきちんと理解でき、現場で使えるもの」として、特に今回は第9章に「新QC七つ道具の活用事例」を設け、著者自らの経験や企業指導を導いて得た視点が丁寧に説明されています。
     
    現在StatWorksをお持ちでない方にもよく理解できるように、手法の背景となる原理についてわかりやすく説明するとともに、実際のStatWorksの出力の理解と活用のためのヒントなどをわかりやすく解説しているので、多変量解析手法をしっかりと身につけていただけます。また、本書はQC検定のための学習教材としてもお使いいただけます。
目次
第1章 新QC七つ道具概論
第2章 親和図法
第3章 連関図法
第4章 系統図法
第5章 マトリックス図法
第6章 マトリックスデータ解析法
第7章 PDPC法
第8章 アロー・ダイヤグラム法
第9章 適用事例

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • JUSE-StatWorksによる新QC七つ道具入門
  • JUSE-StatWorksによる新QC七つ道具入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中