ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生物資源問題と世界

  • 生物資源問題と世界

生物資源問題と世界

  • 野田公夫/編 野田 公夫(ノダ キミオ)
    京都大学大学院農学研究科教授(比較農史学、生物資源経済学専攻)。1948年愛知県名古屋市生まれ。1981年京都大学大学院農学研究科博士課程修了。1981年島根大学農学部講師。1987年島根大学農学部助教授。1990年京都大学農学部助教授。1996年京都大学農学部教授。1997年より現職

  • シリーズ名
    生物資源から考える21世紀の農学 第7巻
  • ISBN
    978-4-87698-342-1
  • 発売日
    2007年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「環境」と「グローバリゼーション」のはざまで、人間社会の基底であった「農」は21世紀にどんな展望を描けるだろうか。
目次
第1章 地球規模で食料・農業を考える
第2章 食料貿易自由化の功罪とFTAの意義―FTAは食料問題の救世主になりうるか
第3章 タンザニア農村における貧困問題と農家経済経営―コーヒーのフェアトレードの役割
第4章 中国農村の制度変化はいかに成功したのか―チャイナ・リスクをめぐって
第5章 中国農村制度改革の歪みと影―格差拡大と環境悪化が新しいチャイナ・リスクになるのか
第6章 カルチュラル・ターンする田舎―今どき農村社会研究ガイド
第7章 二〇世紀農学のみた夢と悪夢―ナチスは農業をどう語ったのか?
第8章 現代農業革命と日本・アジア―人・土地(自然)関係の再構築にむけて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

世界的規模の生物資源問題を農業・農村特有の特徴を歴史的に総括しつつその解決策を展望する。本シリーズ初の社会科学的アプローチ。

ページの先頭へ

閉じる

  • 生物資源問題と世界
  • 生物資源問題と世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中