ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 流通王 中内功とは何者だったのか

  • 流通王 中内功とは何者だったのか

ポイント倍率

流通王 中内功とは何者だったのか

  • 大塚英樹/著 大塚 英樹(オオツカ ヒデキ)
    1950年、兵庫県に生まれる。ジャーナリスト。テレビディレクター、ニューヨークの雑誌スタッフライターを経て、1983年、独立してフリーランサーとなる。以来、新聞、週刊・月刊各誌で精力的に執筆する。逃亡中のグエン・カオ・キ元南ベトナム副大統領、豊田商事事件の永野一男など、数々の渦中の人物をスクープ・インタビューする。現在、国際経済を中心に、政治・社会問題などの分野で幅広く活躍

  • ページ数
    350p
  • ISBN
    978-4-06-213860-4
  • 発売日
    2007年08月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「誇り」を失いさ迷える日本人よ、目覚めよ名経営者300人を知り尽くした男が語る、「カリスマ」の真の価値。彼が本当に壊し、残したものとは。その強烈な光と影の中にこそ我々が未来を拓くヒントがある
目次
序章 巨星墜つ
第1章 狂気
第2章 革命文化
第3章 商人と商売人
第4章 好奇心といかがわしさと
第5章 事業家というもの
第6章 栄光と転落
終章 「中内功」とは何者だったのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 流通王 中内功とは何者だったのか
  • 流通王 中内功とは何者だったのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中