ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?

  • 江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?

江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?

  • 岩崎信也/著 岩崎 信也(イワサキ シンヤ)
    1954年生まれ。そば研究家。フードジャーナリスト、ノンフィクションライターとしての取材・執筆活動も続けている

  • シリーズ名
    光文社新書 307
  • ISBN
    978-4-334-03408-5
  • 発売日
    2007年06月

950 (税込:1,026

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜか「江戸はそば」ということになっている。また、東京のそばといえば「江戸以来の伝統」というのが決まり文句だ。だから、現在もなお「江戸っ子はそばに限る」ということになる。これに異論をはさむ人はいないだろう。しかし、江戸も江戸時代初期の頃はうどん一色の「うどんの町」であったことはあまり知られていない。では、江戸はいつから「そばの町」になったのだろうか?また、ただの雑穀であったそばが、なぜ数ある麺類のなかで唯一、「粋な」食べ物になれたのだろうか?―本書では、膨大な史料を紐解き、「江戸そば」成立のなぞを“江戸っ子”というキーワードを軸に検証していく。
目次
序章 江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?(『時蕎麦』のおかしみの裏にある「江戸の粋」
そば屋ができても衰えなかったうどんの人気 ほか)
第1章 蕎麦の歴史と由来(そばの始まり
そばの語源 ほか)
第2章 蕎麦の品書き(江戸時代のそば屋の品書き
江戸時代のうどん屋の品書き ほか)
第3章 蕎麦の食べ方(そばの食べ方
江戸時代のそばつゆ ほか)
終章 「江戸そば」の明治・大正・昭和(江戸っ子とそば屋
食の洋風化とそば ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?
  • 江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中