ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 岡本太郎の見た日本

  • 岡本太郎の見た日本

岡本太郎の見た日本

  • 赤坂憲雄/著 赤坂 憲雄(アカサカ ノリオ)
    1953年東京都に生まれる。東京大学文学部卒業。東北芸術工科大学大学院長、同東北文化研究センター所長。専門は日本思想史・東北文化論

  • ページ数
    375p
  • ISBN
    978-4-00-022391-1
  • 発売日
    2007年06月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年再評価が起こりつつある岡本太郎。その活動のうち「縄文の発見」に始まる民族学的側面を読み解く。
目次
第1章 前史 パリのおもかげ
第2章 身をやつした民族学者
第3章 獣の匂い、または東北的な
第4章 沖縄、ひとつの恋のように
第5章 臍の緒として、韓国へ
第6章 世界とはなにか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

没後、あらためて再評価が巻き起こりつつある岡本太郎。その芸術家の枠に収まりきらない多様な活動のうち、民族学的側面にわたる仕事、すなわち有名な「縄文土器の発見」から東北、沖縄へと展開されていった独自の日本文化再発見の道行きを、気鋭の民俗学者が鮮やかに読み解く。パリ留学時代にはパリ大学に民族学を学び、バタイユらとも親交を深めた太郎が、その類まれな感性で発見していた「ほんとうの日本」とは何だったのか?画期的岡本太郎論。

ページの先頭へ

閉じる

  • 岡本太郎の見た日本
  • 岡本太郎の見た日本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中