ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白洲次郎の青春

  • 白洲次郎の青春

白洲次郎の青春

  • 白洲信哉/著 白洲 信哉(シラス シンヤ)
    1965年東京都生まれ。細川護煕首相の公設秘書を経て、執筆活動に入る。その一方で日本文化の普及につとめ、書籍編集、デザインのほか、さまざまな文化イベントをプロデュースする。父方の祖父母は、白洲次郎・正子、母方の祖父は文芸評論家の小林秀雄

  • ページ数
    271p
  • ISBN
    978-4-344-01375-9
  • 発売日
    2007年08月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 九年間の英国留学の中で少年はいかにして人生のプリンシプルを身につけ“白洲次郎”となったのか。白洲家に遺された一冊のアルバムを手がかりに、孫の信哉が祖父の足跡を訪ね歩く。
目次
まえがき、のようなもの
白洲次郎の卒業旅行
英国探訪

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

何者でもなかった頃の白洲次郎は、イギリスで型破りの青春を満喫していた。

ページの先頭へ

閉じる

  • 白洲次郎の青春
  • 白洲次郎の青春

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中