ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おてんばば女将の祇園昔ばなし

  • おてんばば女将の祇園昔ばなし

おてんばば女将の祇園昔ばなし

  • 小川智恵子/語り 鈴木美代子/聞き書き 小川 智恵子(オガワ チエコ)
    大正13年、京都生まれ。二歳半のとき、祇園のお茶屋「新近江」の三代目女将・小川千代の養女となる。京都高等女学校卒。昭和27年、戦争で休業していた新近江を再開して四代目女将となる

    鈴木 美代子(スズキ ミヨコ)
    昭和9年、東京生まれ。立教大学英米文学科卒。昭和35年、文学座の編集部に入座。その後、結婚。三男一女をもうける

  • ページ数
    239p 図版32p
  • ISBN
    978-4-7942-1604-5
  • 発売日
    2007年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どものときから義侠心に富んだおてんばで、女将になっても引退しても気性は変わらずそのまんま。祇園のお茶屋「新近江」先代女将・お智恵はんは、京都に稀な五月の鯉の吹流し口は悪いが胸に一物もない痛快無比のぶっちゃけ噺、はじまり、はじまりーッ。
目次
1 祇園のお茶屋、近江駒と新近江
2 弥栄小学校から京都高等女学校へ
3 戦時下の智恵子の青春
4 結婚、そして女将修行
5 再開「新近江」ぶっちゃけ噺
6 二人の子供と夫のこと
7 梅田さんとお千代さんの死
8 八十路の日日是好日

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

おてんばは、女将になっても年をとっても変らない。祗園のお茶屋・新近江のお智恵はんが五代にわたる商売を明るくスカッと語る。

ページの先頭へ

閉じる

  • おてんばば女将の祇園昔ばなし
  • おてんばば女将の祇園昔ばなし

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中