ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 政治参画とジェンダー

  • 政治参画とジェンダー

政治参画とジェンダー

  • 川人貞史/編 山元一/編 川人 貞史(カワト サダフミ)
    東北大学大学院法学研究科教授(政治学専攻)

    山元 一(ヤマモト ハジメ)
    東北大学大学院法学研究科教授(憲法学専攻)

  • シリーズ名
    東北大学21世紀COEプログラムジェンダー法・政策研究叢書 第8巻
  • ISBN
    978-4-86163-053-8
  • 発売日
    2007年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本における女性の政治参画は、他の先進諸国と比較して遅れている。女性の政治参画、公務への進出はなぜ求められているのか。それはどのような形で促進されるべきか。これらの問題を考察する上で、女性が現行法制度の中で政治参画への意思決定を現実にどう行っているのかという問題の理論的・実証的分析が不可欠である。本書は、立法、行政、司法への女性の参画に関わるこうした問題群に対し、規範的・実践的な角度からの解明および理論的・実証的観点からの分析を試みる
目次
第1部 政治参画の法と制度(政治参画とジェンダー―クォータ制の合憲性を中心に
国家像・人間像・平等化政策―フランスにおける「積極的差別」について
1999年7月8日憲法改正:抽象的普遍主義から具体的普遍主義へ
フランス憲法院と年金改革:訴訟における両性平等の発展の逸機(憲法院2003年8月14日判決(2003-483DC)をめぐって)
フランスにおける司法官職への女性の進出―「自発的なパリテ」の限界
行政法学からみたジェンダー)
第2部 政治参画の実態(アメリカにおける女性の政治参加に関する研究動向―「女性と政治」研究の発展過程とこれからの課題
クォータが論じられない日本政治の不思議―女性の政治的代表は世界でどのように論じられているか
女性議員の有効性に関する一考察―女性議員研究の現状と展望から見えたもの)
第3部 政治参画の調査分析:全国ジェンダー・サーベイ(日本における女性の政治進出
日本人の政治参加におけるジェンダー・ギャップ
男女共同参画に関する政策選好の規定要因―価値観および不平等認識の効果を中心に
誰がどのような政策を支持しているのか―「選択的夫婦別姓制度」を中心に
女性の政界進出:国際比較と意識調査
女性政治家に対する有権者の態度―誰が女性政治家を支持するのか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 政治参画とジェンダー
  • 政治参画とジェンダー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中