ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いたずらフェレットは容疑者

  • いたずらフェレットは容疑者

いたずらフェレットは容疑者

  • リンダ・O.ジョンストン/著 片山奈緒美/訳 ジョンストン,リンダ・O.(Johnston,Linda O.)
    ロースクールを卒業後、弁護士として活躍する傍ら執筆を続け、ミステリ専門誌『EQMM』に数々の短篇が掲載されたほか、1988年に発表した短篇Different Drummersでロバート・L・フィッシュ賞を受賞。その後も、数多くのミステリやロマンス作品を発表。現在は執筆に専念している。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの愛犬レキシーを登場させた、『ペット探偵』シリーズは人気を博している

    片山 奈緒美(カタヤマ ナオミ)
    藤女子大学文学部英文学科卒

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 シ2-2 ペット探偵 2
  • ページ数
    460p
  • ISBN
    978-4-270-10113-1
  • 発売日
    2007年08月

840 (税込:907

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 飼い犬がお隣の庭で宝を掘りあてたら誰の物?住宅規定より多くのペットを飼うにはどうしたらいいの?―弁護士復帰のための、大事な試験まであとわずかなのにケンドラに寄せられるのは厄介な相談ごとばかり。そして、極めつけはフェレット!借家人シャーロットが違法に飼っていたフェレットが人間をかじって殺したと、警察に連れていかれてしまい…。頼まれたら断われない、しっかり者のケンドラはまたもや可愛いペットのため、ひと肌脱ぐことに。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Nothing to fear but ferrets
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • いたずらフェレットは容疑者
  • いたずらフェレットは容疑者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中