ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 老年看護学サブノート

  • 老年看護学サブノート

老年看護学サブノート

  • 古城幸子/編 古城 幸子(コジョウ サチコ)
    新見公立短期大学看護学科教授(老年看護学)

  • ページ数
    116p
  • ISBN
    978-4-86186-317-2
  • 発売日
    2007年03月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 祖父母との同居率が低く、若い学生にとって老化を自分の事として理解するのは難しい。本書は高齢者の理解を焦点に、高齢者ケアの奥深さを実感し、学生自身の人間的成長をも促すような教育方法を紹介。演習方法、実習用記録用紙等も掲載。学習者自らが新たな情報を追加し、サブノートとして活用すれば、さらなる理解に大変有用である。
目次
第1章 老年看護学の教育目的(位置づけ
老年看護学の進め方 ほか)
第2章 統合期としての老年期(高齢者ケアへの看護の視点
対象論 ほか)
第3章 老年看護学実習に関連して(老年看護学実習2に関連して
老年看護学実習1に関連して)
第4章 地域に学ぶ―地域看護学実習との連携(地域の教育力を活用した実習の取組)
第5章 学内演習に関連して(地域システム論「出身地の高齢者保健・医療・福祉の現状」
健康障害論「高齢者に特徴的な疾患と看護 NANDAの看護診断を用いて」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 老年看護学サブノート
  • 老年看護学サブノート

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中