ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本文学二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ

  • 日本文学二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ

日本文学二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ

  • 荒木浩/著 荒木 浩(アラキ ヒロシ)
    1959年生まれ。京都大学大学院文学研究科修士課程修了、同博士後期課程中退(国語学国文学専攻)。愛知県立女子短期大学・愛知県立大学、大阪大学教養部などを経て、大阪大学大学院文学研究科教授(国文学・東洋文学講座(日本文学))

  • シリーズ名
    阪大リーブル 2
  • ISBN
    978-4-87259-235-1
  • 発売日
    2007年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 宝誌和尚像の顔の表皮がめくれ、内側からもうひとつの顔がのぞく。読むものと読まれるもの、見ること、見えること、見られることの間に不思議な変化や変身が生まれ、古典の世界は新たな相貌を帯びてくる…著者は二重・三重に意味が満ちている日本文学の深みに分け入り、多層化・多面化するテクストの機微を解読する。源氏、徒然、明恵の夢、柳田民俗学から落語の世界まで広く深く渉猟し、“成る”をめぐって展開する書き下ろし力作評論。
目次
第1章 二重の顔(桂枝雀『猫』のこと
裂けた顔、覗く顔―宝誌和尚立像 ほか)
第2章 『源氏物語』の秘匿の顔(裏の顔、もう一つの顔
すきまと日本文化―垣間見と『源氏物語』 ほか)
第3章 『徒然草』の二層の「心」(『源氏物語』と『枕草子』
『徒然草』にとっての『源氏』と『枕』 ほか)
第4章 夢とわたし―もう一つの自伝(夢と物語
物語と夢 ほか)
第5章 「目」の物語(夢と目覚め―まなざしの問題へ
「邪視」の視界―いにしえの「目」と「木」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本文学二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ
  • 日本文学二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中