ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 殺し屋の厄日

  • 殺し屋の厄日

殺し屋の厄日

  • クリストファー・ブルックマイア/著 玉木亨/訳 ブルックマイア,クリストファー(Brookmyre,Christopher)
    1968年イギリス・グラスゴー生まれ。グラスゴー大学で演劇等を学ぶ。在学中に大学新聞で映画評を手がけたのをきっかけに、卒業後もロンドン、ロサンジェルス、エディンバラなどで映画やサッカーのコラムを中心にジャーナリストとして活躍する。1996年、本作で作家デビュー、評論家が選ぶクライム・ノベルの新人賞を受賞した。その後もバイオレンスとユーモアに満ちた作品を書き続け、イギリスのマスコミで高い評価を受けている

    玉木 亨(タマキ トオル)
    1962年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-フ3-2
  • ページ数
    388p
  • ISBN
    978-4-7897-3057-0
  • 発売日
    2007年04月

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「くそっ。なんだ、こりゃ?」―マグレガー警部は長い警官人生でも初めてくらいひどい殺人現場に遭遇してしまった。部屋の中はそりゃもうありえないほどグチャグチャ…。なぜこんな現場になったのか?それは腕利きの殺し屋がツイてなかったせいだった。そこへ闖入してしまったのが、もっと運の悪い新聞記者パーラベイン。なんだか気になるこの事件、とことん調べてやろうと意気込んだまではよかったが、ツキのない連中の連鎖は果てしなく続き、信じられない陰謀にまで発展してゆく気配がしてきて―。イギリスならではのユーモアと奇抜さがたっぷり詰まった、注目作家のミステリー。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Quite ugly one morning
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 殺し屋の厄日
  • 殺し屋の厄日

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中