ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 漢字がつくった東アジア

  • 漢字がつくった東アジア

漢字がつくった東アジア

  • 石川九楊/著 石川 九楊(イシカワ キュウヨウ)
    1945年、福井県今立町に生まれ、武生市に育つ(いずれも現越前市)。京都大学法学部卒業。書家、思想家。主な著書に、『書の終焉』(同朋舎出版、サントリー学芸賞)、『日本書史』(名古屋大学出版会、毎日出版文化賞)など多数ある

  • ISBN
    978-4-480-85786-6
  • 発売日
    2007年04月

2,200 (税込:2,420

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 始皇帝の文字統一により漢字文明圏が成立し、中国に呼応する形で日本、朝鮮、越南の文化が形成された…。文字からみた精神の運動。
目次
序章 漢字文明圏とは何か
第1章 文字と国家の誕生―中国史1
第2章 分節時代から再統一へ―中国史2
第3章 深化から解放へ―中国史3
第4章 立ち上がる朝鮮半島―朝鮮史1
第5章 ハングルと朝鮮文化―朝鮮史2
第6章 漢字文明圏の北限―渤海・大陸東北史
第7章 漢字文明圏の南限―越南史
第8章 琉球から沖縄へ―琉球史1
第9章 ヤポネシアの空間―琉球史2
第10章 無文字社会から問う―アイヌ史

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

始皇帝が文字を統一したとき、漢字が東アジアの歴史を照らし始め、漢字文明圏が決定づけられる。やがて大陸(中国)の変動に呼応する形で、平仮名(日本)、ハングル(朝鮮)、チューノム(越南)が生まれ、それぞれの文化の枠組みが形成されてゆく。その延長上に現代を位置づけなおすとき、二十一世紀が目指すべき方向が見えてくる…。鬼才の書家が巨視的な観点から歴史をとらえなおし、国民国家を所与とする世界観を超え、読者を精神の高みへと導く知的興奮に満ちた一冊。

ページの先頭へ

閉じる

  • 漢字がつくった東アジア
  • 漢字がつくった東アジア

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中