ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影

  • 謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影

謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影

  • 中野晴行/著 中野 晴行(ナカノ ハルユキ)
    1954年生まれ。和歌山大学経済学部卒業。大和銀行(現・りそな銀行)に七年間勤務の後、大阪で編集プロダクションを設立。97年より東京・神田に事務所を移す。まんが編集者。ノンフィクションライター。「マンガ産業論」で、日本出版学会奨励賞、日本児童文学学会奨励賞を受賞。社団法人日本漫画家協会会員

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-480-88805-1
  • 発売日
    2007年02月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マンガ史に名を残す手塚治虫「新宝島」。そのもう1人の作者・酒井七馬。餓死したとまで噂される謎のマンガ家の生涯と業績を追う。
目次
発端―または酒井七馬の墓に参ること
第1部 生い立ち・マンガ・アニメ・終戦(訪問者
アニメと銀幕のスター
甥・隆道の見た七馬 ほか)
第2部 焼け跡・『まんがマン』・『新寶島』・赤本ブーム(ハロー進駐軍
住彦次郎との出会い
『まんがマン』創刊 ほか)
第3部 紙芝居・絵物語・テレビアニメ(紙芝居に転じる人々
ジェーン台風と街頭紙芝居
三邑会時代の酒井七馬 ほか)
大団円

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

手塚治虫の単行本デビュー作「新宝島」は、後の有名マンガ家たちからマンガを志すきっかけとなった作品として繰り返し賞賛されている。が、この作品は手塚ひとりの仕事ではなく、共作者がいる。現在手塚全集に収録されているのは、手塚がリメイクしたもので別作品といっても過言ではない。まるで封印されたかのような共作者こそ酒井七馬である。手塚と酒井の間には確執があったとも伝えられ、酒井は、コーラで飢えをしのぎ、電球で寒さをしのぎながら失意のうちに死んだと信じられてきた。しかし、それは真実なのか?酒井七馬の知られざる生涯と、「新宝島」誕生の裏側へと迫る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影
  • 謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中