ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • むかし二人の鉛版(ステレオ)師がいた

  • むかし二人の鉛版(ステレオ)師がいた

ポイント倍率

むかし二人の鉛版(ステレオ)師がいた

  • 高取武/著 高取 武(タカトリ タケシ)
    大正15年、名古屋市生まれ。太平洋戦争終結によりパプアニューギニア、ニューブリテン島ラバウルから復員。元公社職員。昭和57年同社定年退職。東京都在住

  • ページ数
    108p
  • ISBN
    978-4-86265-062-7
  • 発売日
    2007年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本の印刷の基礎をきずいた人たち。日本の印刷黎明期から、消滅していった印刷をしのんで。
目次
1 もう一つのステレオ
2 馬籠の多助
3 文明開化
4 紙型鉛版
5 再起
6 力を合わせて
7 試験印刷・イ
8 試験印刷・ロ
9 第五百四十二号
10 弾圧される言論界
11 脱サラ・鉛版屋
12 多助に続く者

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日本の印刷技術の近代化と発展に大きな貢献をした、二人の鉛版師(ステレオし=活版印刷の技術師)のお話。

ページの先頭へ

閉じる

  • むかし二人の鉛版(ステレオ)師がいた
  • むかし二人の鉛版(ステレオ)師がいた

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中