ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 祝星「ホクレア」号がやって来た。

  • 祝星「ホクレア」号がやって来た。

祝星「ホクレア」号がやって来た。

  • 内田正洋/著 内田 正洋(ウチダ マサヒロ)
    海洋ジャーナリスト。昭和31年(1956年)1月長崎県大村市生まれ。山口県立大津高校時代、花園ラガーとして活躍。日本大学農獣医学部水産学科にて遠洋漁業学を専攻。卒業後テレビ界へ。朝の番組「キャラバン2」のドライバーに抜擢される。1982年、初の日本人チームACPのメンバーとしてパリ・ダカールに参戦。第4回大会で3冠に輝く。以後1991年まで続ける。かつてはオートバイのジャーナリストだったが、1987年からシーカヤックの世界へ。関野吉晴氏のグレートジャーニー最初のサポートクルー。日本カヌー連盟傘下の日本レクリエーショナル・カヌー協会理事

  • シリーズ名
    エイ文庫 147
  • ISBN
    978-4-7779-0767-0
  • 発売日
    2007年05月

750 (税込:810

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2007年ハワイから日本列島に向かって、風の力のみで動く古代式のカヌーがやってくる。その名は『ホクレア号』。ホクレア号がなぜ生まれ、何を成し遂げてきたか、そして何のために日本列島を目指し、さらにこれからの未来にとって何を成そうとしているのか。この混沌とした時代、ホクレア号の航海がなげかけるヒントとは…。
目次
第1章 ホクレア号ってイッタイ何だ!
第2章 ホクレア号との関わりを、まずは。
第3章 偉大なる「再」発見の航海
第4章 海上の道、ヤポネシア・フリーウェイ
第5章 ヤポネシアの海洋文化
第6章 ホクレア号とカマ・ク・ラ号
第7章 太平洋アイランダー、そして、いざっ!カマ・ク・ラ

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 祝星「ホクレア」号がやって来た。
  • 祝星「ホクレア」号がやって来た。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中