ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくの複線人生

  • ぼくの複線人生

ぼくの複線人生

  • 福原義春/著 福原 義春(フクハラ ヨシハル)
    資生堂名誉会長。1931年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業と同時に資生堂入社。米国法人社長を経て、商品開発部長、取締役外国部長を歴任。フランス、ドイツに現地法人を設立、中国に進出するなど海外市場拡大戦略を推進。1987年第10代社長に就任。97年会長。2001年名誉会長。東京都写真美術館館長他公職多数。趣味は写真、洋蘭栽培

  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-00-024759-7
  • 発売日
    2007年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 資生堂名誉会長である著者の自伝的回想。経営者として、社会の一員としてどう考え、生きてきたのかをつづる。
目次
1 本籍は銀座、生まれは神田―一九三〇年代から敗戦へ
2 時代は変わる―学生から社会人へ
3 よく働き、よく学んだ―高度成長時代
4 文化力は資本である―伝統と革新を外国で学んだ
5 会社を変える、自分も変わる―経営者の道を歩む
6 社会に生きる―資本と文化をつないで
7 やっとわかったことがある―複線人生を生きて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

資生堂名誉会長・福原義春氏の自伝的回想。創業者の孫に生まれ、無意識のうちに創業者の理念を受け継いだ幼少時から大学生、一社員そして経営者の各時代、著者は何を考え、どのように生きてきたのか。社会の中で企業は、人はどうあるべきなのか。仕事も趣味も無我夢中で打ち込んで来た「複線人生」から学んだことを伝える、エスプリ溢れる次世代へのメッセージ。

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくの複線人生
  • ぼくの複線人生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中