ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 源氏物語が面白いほどわかる本 日本が誇るラブロマンを上下二巻で五十四帖一気読み! 上

  • 源氏物語が面白いほどわかる本 日本が誇るラブロマンを上下二巻で五十四帖一気読み! 上

ポイント倍率

源氏物語が面白いほどわかる本 日本が誇るラブロマンを上下二巻で五十四帖一気読み! 上

  • 出口汪/著 出口 汪(デグチ ヒロシ)
    大予言者出口王仁三郎の曾孫として生まれ、幼い頃から父親の仕事の関係で全国を転々とする。関西学院大学博士課程修了後、代々木ゼミナールを経て、東進ハイスクール講師として、主に衛生予備校で大活躍。東京に教育の最先端を行く理想の環境を作ろうと、SPS(スーパー・プレップ・スクール)を設立。「論理エンジン」という画期的な教育システムを作りあげ、全国の中学、高等学校で実施している

  • シリーズ名
    中経の文庫 で-1-2
  • ページ数
    383p
  • ISBN
    978-4-8061-2688-1
  • 発売日
    2007年04月

619 (税込:669

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本文化がうみ出した最高傑作である『源氏物語』の世界を、古典に関する予備知識がなくても、その本当の面白さを十分に楽しめるよう、わかりやすく解説しています。上巻では、主人公である光源氏の青年・壮年時代をカバー。華麗なる源氏の恋愛遍歴がスタート。
目次
プロローグ 源氏物語を読む前に(源氏物語は世界中で読まれている
古典文学を楽しむには
帝やお姫様になってみよう)
第1章 光源氏の青春時代(桐壺(巻之一)―桐壺帝の悲哀。光源氏の誕生~元服まで
帚木(巻之二)―雨世の品定め。中流の女・空蝉との契り
空蝉(巻之三)―空蝉への届かぬ思い。軒端荻との契り ほか)
第2章 光源氏の壮年時代(賢木(巻之十)―桐壺院崩御。朧月夜との密会発覚
花散里(巻之十一)―変わらない女・花散里と昔語り
須磨(巻之十二)―須磨へ都落ち。大嵐襲来 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 源氏物語が面白いほどわかる本 日本が誇るラブロマンを上下二巻で五十四帖一気読み! 上
  • 源氏物語が面白いほどわかる本 日本が誇るラブロマンを上下二巻で五十四帖一気読み! 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中