ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • やきものの美を求めて 名碗「紫匂ひ」をめぐって

  • やきものの美を求めて 名碗「紫匂ひ」をめぐって

やきものの美を求めて 名碗「紫匂ひ」をめぐって

  • 立原正秋/著 加藤唐九郎/著 立原 正秋(タチハラ マサアキ)
    1926‐1980。朝鮮慶尚北道(現・韓国慶尚北道)安東郡生まれ。早稲田大学国文科中退(入学時は法律学科)、戦後小説家を志す。1966年「白い罌粟」で第55回直木賞を受賞。自ら「純文学と大衆文学の両刀使い」を宣言して中間小説で流行作家となった。美術愛好家、食通としても知られる

    加藤 唐九郎(カトウ トウクロウ)
    1898‐1985。愛知県瀬戸生まれ。陶芸家。家業の製陶に幼少からなじみ、1914年より本格的な作陶生活に入る。伝統的な陶芸技術を詳細に研究し、土や釉薬に関する豊富な知識をもって、古瀬戸から黄瀬戸・志野・織部などを現代に甦らせた

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 た1-1
  • ページ数
    237p
  • ISBN
    978-4-270-10083-7
  • 発売日
    2007年02月

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 破格の陶芸家・加藤唐九郎と、その作品「紫匂ひ」の名づけ親であり、鎌倉文士として今も人気の高い立原正秋が、陶芸について縦横に語る対談を第一部に、立原の独特の美意識で綴られるエッセイ「陶芸と風土」を第二部に、唐九郎の飾らない語り口のエッセイ「やきものへの道」を第三部に配した珠玉の陶芸本。陶器に興味を持つ初心者から、陶芸の専門家まで、それぞれに楽しめる座右の書。
目次
第1章 対談 やきものの美を求めて(黄瀬戸考
茶の美
織部考 ほか)
第2章 立原正秋 陶芸と風土(匂う磁器の膚―肥前有田行
川辺からの眺め―唐津紀行
陶工の故郷―金重素山覚え書 ほか)
第3章 加藤唐九郎 やきものへの道(民謡と民芸
やきものを作るがわから見れば
茶道とやきもの ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • やきものの美を求めて 名碗「紫匂ひ」をめぐって
  • やきものの美を求めて 名碗「紫匂ひ」をめぐって

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中