ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マハトマ・ガンジー

  • マハトマ・ガンジー

マハトマ・ガンジー

  • ラーム・A.マール/著 福井一光/訳 マール,ラーム・A.(Mall,Ram Adhar)
    1937年生まれ。ルートヴィッヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンの間文化論哲学並びに宗教哲学の教授。世界的な間文化論哲学の中心的提唱者の一人であり、1991年に設立された「国際間文化論哲学協会」(Die internationale Gesellschaft f¨ur interkulturelle Philosophie e.V.)の初代会長でもある

    福井 一光(フクイ カズテル)
    鎌倉女子大学学長。バーゼル大学哲学・歴史学部博士課程修了(哲学博士)

  • ページ数
    158p
  • ISBN
    978-4-472-40341-5
  • 発売日
    2007年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界のさまざまな宗教や思想からインスピレーションを受け、真理を実現するために非暴力の闘いを挑んだガンジー。その思想と行動を、多元的な文化の存在意味を考究する間文化論哲学の視点から紐解く。
目次
1章 諸文化の間のガンジーの人生
2章 文化多元的亜大陸としてのインド
3章 ガンジーの直観
4章 ガンジーの実践化綱領
5章 間文化論的比較におけるガンジー
6章 模範的信念におけるガンジー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Mahatma Gandhi interkulturell gelesen
対象年齢 一般

商品のおすすめ

インド的伝統に深く根ざしながらも,多元的文化を認めるガンジーを間文化論の視点から紐解く。(哲学・思想図書総目録より)

ページの先頭へ

閉じる

  • マハトマ・ガンジー
  • マハトマ・ガンジー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中