ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新日本語の統語構造 ミニマリストプログラムとその応用

  • 新日本語の統語構造 ミニマリストプログラムとその応用

新日本語の統語構造 ミニマリストプログラムとその応用

  • 三原健一/著 平岩健/著 三原 健一(ミハラ ケンイチ)
    1950年宮崎県生まれ。大阪外国語大学外国語学部イスパニア語学科卒業。大阪府立高校教諭を経て、大阪外国語大学大学院英語学専攻修士課程修了。2005年東北大学から博士(文学)取得。1985‐86年フルブライト若手研究員としてマサチューセッツ大学アマースト校において研究に従事。富山大学教養部講師・助教授を経て、大阪外国語大学外国語学部日本語講座教授。著書として、『アスペクト解釈と統語現象』(2004年松柏社、2005年度市河賞受賞)などがある

    平岩 健(ヒライワ ケン)
    1974年愛知県生まれ。大阪外国語大学外国語学部日本語専攻卒業。大阪外国語大学大学院言語社会研究科博士前期課程修了。1999‐2005年までマサチューセッツ工科大学(MIT)大学院言語哲学科に在学。2003‐04年ガーナ大学言語学科客員研究員としてフィールドワーク研究を行う。2005年MITからPh.D.(言語学)取得。2005年より東京大学文学部・人文社会研究科にて日本学術振興会特別研究員。同制度により2007年夏までニューヨーク大学客員研究員として研究に従事

  • ISBN
    978-4-7754-0124-8
  • 発売日
    2006年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ミニマリストプログラムに基づく日本語研究の総決算。理論と記述のバランスに配慮した、今後の研究に対する試金石。
目次
第1部 基礎概念(ミニマリストプログラムの基礎)
第2部 構文研究(束縛関係
かき混ぜ操作
使役文
受動文
主要部内在型関係節
主格目的語構文
二重目的語構文
主語‐目的語繰り上げ構文
二重対格制約と格
主格/属格格交代構文)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 新日本語の統語構造 ミニマリストプログラムとその応用
  • 新日本語の統語構造 ミニマリストプログラムとその応用

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中