ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 手塚治虫とボク

  • 手塚治虫とボク

手塚治虫とボク

  • うしおそうじ/著 うしお そうじ(ウシオ ソウジ)
    本名、鷺巣富雄(さぎす・とみお)。1921年、東京・芝に生まれる。1939年、東宝映画に入社し、円谷英二の下で特撮を、大石郁雄の下で動画を学ぶ。戦後の東宝争議で同社を退社後、児童マンガ家として活躍。1960年、映像製作会社ピー・プロダクションを設立。2004年3月に逝去。享年82歳

  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-7942-1567-3
  • 発売日
    2007年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「どんぐり天狗」などの往年の人気漫画家が手塚治虫との交友を回想。昭和20~30年代の漫画やTVアニメの草創期を描く。
目次
第1部 みんな赤本を描いていた(予期せぬ出会い
ボクの赤本デビュー
大阪から東京へ)
第2部 人気漫画家という仕事(友情のはじまり
編集者たちとのつきあい
福井英一との確執 ほか)
第3部 動く絵に魅せられて(手塚治虫のアニメ志願
漫画映画に殉じた人びと
アニメーター手塚治虫 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

1950年代にマンガ家として、60年代にはアニメーターとして活躍した著者が、盟友手塚治虫と、その時代を回想する。月刊児童誌全盛時代のマンガ家たちの横顔。「悪書追放運動」のてんまつ。映画界からマンガに転身したアニメーターたち。『鉄腕アトム』にはじまる初期のTVアニメはどのように製作されたのか。『0戦はやと』や『マグマ大使』誕生のいきさつなどを記す。本書は、戦前からの映画人である筆者が綴った、日本アニメーション史でもある。

ページの先頭へ

閉じる

  • 手塚治虫とボク
  • 手塚治虫とボク

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中